モテない男の特徴

彼女に非モテコミットした一途な男の末路!気持ち悪い男から脱出する方法を話す

どうも、トレンディです。

 

男なら沢山の女にモテるようになり、酒池肉林のような世界を作りたいと思った事があると思います。

しかし、中々思い通りにはならずに1人の彼女に非モテコミットして嫌われることが現実的には多いんじゃないかなと思います。

僕も実際に非モテコミットして彼女に嫌われるなんてことがありました。

 

しかも、

「一緒に過ごしていて楽しく無い・・・」

なんて言われて振られたのです。

 

なので今日は、非モテコミットして彼女に振られた男の話と、非モテコミットから脱出する方法を話します。

まずは、僕が非モテコミットした頃の話を聞いてもらえればと思います。

彼女に一途に非モテコミットしまくってた話

高校卒業した頃、僕に奇跡的に彼女が出来ました。

本当にたまたま出来た彼女で、何故か知らないうちに僕のことを好きになってくれて、連絡を取り合ってるうちにそれが発覚したので付き合うことになりました。

そして、彼女と付き合って数日後…彼女と初セックスです。笑

当時、高校3年間はノーセックスライフを順調に送っていたので、3年ぶりとなるとえげつないくらいのレベルで放出されますね。はい。笑
(童貞は奇跡的に卒業出来ていました。笑)

 

と、そんな感じで可愛くて、セックスも出来て、僕の中ではとても大切な彼女が出来ました。

何よりも大切にしていた彼女で、毎日のように会いたいと思っていました。

 

なので、当時夜勤の仕事をしていましたが、仕事から帰ってきて2,3時間ほど寝てから彼女の仕事の時間には職場までバイクや車で送迎してあげたり、ボクシングでプロを目指していたのですが、ジムに通っていると彼女が、

「ジムばかりじゃなくて、私との時間を作ってよ」

というので、彼女との時間を作る為にジムを解約して彼女との時間を作りました。

 

彼女が中心に僕の時間は進んでいました。

 

しかし、1年ほど経った頃、少しずつ彼女との関係が悪くなってきました。

僕は1年経っても彼女が好きだったので大切にしていたのですが、彼女の態度が少しずつ悪くなってしまっていたのです。

一緒に飲みに行くと、

「一緒に飲んでも楽しくない」

と、言われるほどに…

 

ただ、もう一度彼女と楽しく過ごしたいと思っていましたし、彼女が浮気したり、他の男を好きになるはずがないと思っていた非モテ男の僕は、彼女にさらに気を使うようになりました。

会社まで送って行ったりしていましたし、お金も殆ど全て出してあげていました。

全ては「彼女と楽しく過ごしたい」と思っていたからです。

 

そんなある日、僕は久々に彼女とラブホテルに行くことになりました。

関係が悪くなってきていたので、セックスすることも少なくなっていましたが、久々にラブホでセックス出来ると思っていた僕は歓喜です。笑

「よし!今日はセックス出来るぜ!このまま仲良くなれればいいな!」

そう思っていました。

 

しかし、ラブホに入った後も、彼女の様子がおかしいのです。

ずっと携帯をいじっていて、僕と会話をしようとしません。

ちょっと体を触ってみても、

 

「辞めて!!」

 

と、言われてしまう始末です。

 

そして、ついに僕は彼女に聞きました。

 

僕「なんでそんなに携帯いじってるの?誰と連絡取ってる?他に好きな人出来たんでしょ?」

彼女「そうじゃないよ。ほっておいてよ。なんで断っただけでそうなるの」

僕「最近様子おかしいじゃん。それは他に好きな人が出来たからじゃないの?」

彼女「出来てないよ!マジで辞めて!うざい!」

 

彼女は他に好きな人なんて出来ていないと言っていました。

しかし、どう考えても他に男がいる気配でした。

だから、僕はもう1度彼女に気を引いてもらう為に様々なことをしました。

  • 引き続きの送迎
  • ご飯をご馳走
  • とにかく好きなことを伝える 

などをしていきました。

 

しかし、最終的に僕は彼女に、

「他に好きな人が出来たから別れたい」

と、言われて振られてしまいました。

 

しかも、

「優しいだけで面白くない」

とまで言われました。

 

「優しいだけで面白くないってなんだよそれ!!」

 

完全に意味不明で、怒りと悲しいという気持ちが爆発し、僕は当時泣きながら仕事に行き、コンクリートに穴を開けてドロドロの顔をしていました。笑

 

死ぬほど彼女に非モテコミットして、一途に尽くしてきた結果が、他に好きな男が出来て振られるという末路です。

 

正直、今思うと非モテコミットしすぎて気持ち悪いです。笑

ただ、何故非モテコミットはしてはいけないのでしょうか?

 

非モテコミットをしてはいけない理由

僕が彼女に非モテコミットをしていた頃の話をしましたが、非モテコミットをして鬼のように嫌われたのがわかると思います。笑

正直、当時の行動は男として1番やってはいけない行動ですし、情けない姿だと思います。

 

しかし、中にはこう思う人もいると思うんですよね。

「彼女に一途ないい男ではないか!?なぜそれがダメなんだ!」

と。

 

そう思う気持ちもわかります。

僕自身、昔は1人の女を大切にする男がカッコいいと思っていたし、自分は間違っていないと思っていました。

当然、1人の女を大切にするのは良いことです。

ぜひ、これからも大切にしてあげてください。

 

しかし、非モテコミットはしてはいけないのです。

 

非モテコミットと1人の女を大切にするは意味が全く違うのです。

非モテコミットは言ってしまえば、1人の女しかいないから必死になって繋ぎ止めている状態です。

1人の女を大切にしている男は、色々な女を知った上で余裕を持って1人の女を大切にしてる状態です。

つまり、非モテコミットしている男は余裕のない男なのですよ。

 

そして、女は余裕の無い男を嫌いますし、キツイ言葉で言うと、

「気持ち悪い」

と、思うようになります。

 

だから、非モテコミットはしてはいけないのです。

非モテコミットをすることで、気持ち悪い男だと女に思われるようになってしまうのです。

その結果、大切にしているつもりだった女から「気持ち悪い」と思われて、他にもっと魅力的な男が現れたら簡単に鞍替えされてしまうのです。

 

昔の僕ですね。笑

 

非モテコミットしている男は女から嫌われる存在でしかありません。

だから、非モテコミットはしてはいけないのです。

 

どうすれば非モテコミットから脱出できるのか?

非モテコミットは言ってしまえば暗くジメジメした前の見えないトンネルで彷徨っているような状態です。

今も彼女や特定の女の子に非モテコミットしている人は、その暗いトンネルから脱出したいと思っているでしょう。

なので、非モテコミットから脱出する為の方法を話していきますね。

 

非モテコミットから脱出するには3つの方法があります。

非モテコミットから脱出する方法
  1. 出会いを増やす
  2. 付き合う人を変える
  3. 女という生き物を知る

この3つが大切になります。

1つずつ解説していきますね。

 

出会いを増やす

昔の僕もそうでしたが、非モテコミットしている男ほど異性との出会いが本当に少ないです。

昔の僕で言えば、1年間で5人くらいしか出会わなかったと思います。

だから、チャンスが少なすぎるので1回の出会いを無駄に出来ないという気持ちから女に好かれようと必死になり、非モテコミットしてしまうのです。

 

だから、まずは出会いを増やすことが大切です。

このツイートでもありますが、まずは少し強引でも出会いを増やすことが大切です。

何故なら、人は行動しない言い訳を作ってしまう生き物だからです。

なので、最初はマッチングアプリでもストリートナンパでも、なんでもやってみて出会いを増やすということが大切ですよ。

 

1年間に5人しか出会わなかったら1つのチャンスが貴重に感じるかもしれませんが、もし月に5人新規で出会っていたら年間60人と出会うので、これから女に困らなくなる気がしませんか?

まずは出会いを増やすことが大切ですね。

 

付き合う人を変える

もし、今も非モテコミットであるならば付き合う人を変えることがとても重要です。

何故なら、あなたが非モテコミットしているなら、あなたの周りも非モテコミットしている男が多い可能性が高いからです。

モテる男はモテる男と行動し、モテない男はモテない男同士でつるむようになります。

で、モテない男が何人集まってもモテないままなのです。

 

だから、付き合う人を変える必要があります。

今はTwitterなどを使えば簡単にモテる人、モテようとしている人と出会う事が出来るので、コンタクトを取ってみるのもありですね。

 

他にも、僕のメルマガで言えば、まれに交流会やセミナーを行っているので、そちらでこれから付き合う人を見つけることもありですね。

付き合う人を変えるには、新しい世界へ飛び込むことです。

色々な場所に飛び込んでみましょう。

 

女という生き物を知る

非モテコミットを抜け出すには、正直これが一番大切だということは言うまでもない周知の事実でしょう。

女がどんな男を追いかけて、どんな男を好きになるのか?

これを知っていなければ非モテコミットを脱出することが出来るわけがないです。

 

なので、女という生き物を知ったほうがいいですよ。

1番女を知るのに有効なのが、実際に女を接点を持つことです。

沢山の女と出会いを増やし、多くの女と接点を持っていきましょう。

すると、女のリアルがわかってくるはずです。

 

例えば、出会ったその日に手は繋がないけどち○こは舐める女がいるってことなどですね。笑

実際めちゃくちゃいますよ。笑

これも、非モテコミットしてしまっている状態の人であれば衝撃的な話じゃないですか?笑

こういうのは女のリアルを知っていけば、もっと驚きの現実が沢山あるので、ぜひ知っていってください。

女を知ることは非モテコミットを脱出するのに1番良いことです。

 

非モテコミットから脱出すると世界が変わる

非モテコミットから脱出すると本当に世界が変わります。

僕も昔は非モテで鬼のように非モテコミットしてましたが、非モテコミットしなくなり、本当に心が楽になりました。

どんな変化があったのかを話しますね。

 

1人の女に固執しなくなり選ぶ側になれる

非モテコミットをしなくなることで、1人の女に固執しないようになります。

非モテコミットの原因は執着になるのですが、この執着という感情があるから傷つくし、どんどんモテなくなるのです。

しかし、1人に振られたり、連絡が取れなくなっても他に沢山の女子がいたら、

「まぁ、他にも5人くらい連絡取っている女子がいるから1人くらい消えてもいいわ。笑」

と、思えるような気がしませんか?

 

1人の女子に固執しないで選ばれる側から選ぶ側に変われるわけです。

これが非モテコミットから脱出する大きな変化でした。

実際、今の僕は非モテコミットから抜け出し、いつでも女を選ぶ側になれました。

 

「なんで昔はあんなに非モテコミットしていたんだろう…世の中腐るほど女がいるのに」

 

と、本気で思っています。笑

 

男としての余裕が生まれる

非モテコミットをしなくなると余裕感が生まれます。

非モテコミットをしている時は、

「あの子から連絡がない」

「なんで振り向いてくれないんだ」

と、1人の女子のことばかり考えてしまい、余裕がなくなる態度になりがちです。

 

その結果、目の前の女子にゴミを見るような目で見られるほど嫌われるのです。

 

ただ、非モテコミットしなくなることで、1人の女にも固執しなくなり男としての余裕が生まれ、モテまくるなんて状態になります。

女は余裕がある男が好きです。

だから、そんな余裕のある男の元にどんどん女子が集まり、さらにそれを見た女子がどんどん寄ってくるわけです。

 

それに、非モテコミットしていると彼女のことばかりになりがちですが、非モテコミットしなくなることで余裕が生まれて仕事などにも活きてきますよね。

余裕がある男になることで、全てが変わってくるんですよ。

 

モテる男になれる

モテない人は非モテコミットをしてしまっているからモテないわけなのです。

女子から気持ち悪いと思われ、うざがられ、良いことは1つもありません。

 

しかし逆に、非モテコミットをしなくなると女子からモテるようになります。

余裕があって、女子からしたら刺激的で魅力的な男に見えるわけですから、モテるようにならないわけがないじゃないですか?

 

非モテコミットをしてしまっている男は女子からしたら魅力的に見えないんですよ。

だから、非モテコミットをしなくなることで、ずっと女子から好かれるような魅力ある男に変われるのです。

非モテコミットは男として1つも良いことはありませんが、脱出することが出来れば一気に魅力的でモテる男に変われますよ。

 

マジで世界変わります。笑

 

最後に

今日は僕が非モテコミットをしていた頃の話と、非モテコミットから脱出する方法を話しました。

実際、僕は本当にモテなくて、死ぬほど非モテコミットしていました。

それに、普通にモテませんでした。

 

しかし、そんなある日、僕はストリートナンパの世界を知ったのです。

そして、非モテコミットを一切しなくなり、女子から求められる男に変われるようになりました。

ストリートナンパに出会えたからだと本気で思っています。

そんなナンパの世界に興味がある方は、僕のメルマガを読んでみてください。

 

「こんな世界があるのか!?」

「凄い!やってみたい!」

 

という声を沢山頂いているメルマガです。

無料で実録ナンパ音声なども配布していますので、ぜひ、一緒に非モテコミットから脱出していきましょう。

登録は下記からおねがいします。

 

というわけで以上です。

 

では

人生変えてくナンパメルマガコミュニティ参加はこちら

※参加者の個人情報は厳正な管理によって第三者に漏洩することは確実にありません。安心して参加してください。 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA