ナンパ

地蔵克服の為のはじめの一歩を踏み出す地蔵克服講習を振り返って

どうも、トレンディです。

 

春なのに寒いから服を着てくものに悩みます。

コートを着たら暑いけど、薄着過ぎると寒い。寒いのは我慢できません。

この季節・・・厄介です。

 

先日はじめの一歩を開催しました。

9人の方に参加していただき、とても濃い時間を過ごすことができましたね。

 

セミナーの様子

 

これからナンパを始めて超絶美女ゲットしたい、その気持ちがムンムンと伝わって来ます。

そんな人にはこちらも自然とエネルギーを使ってしまいますね。

エネルギーを使いすぎたおかげではじめの一歩を開催した日はとてもぐっすり眠れたほどです。

 

はじめの一歩の4時間はとても早く感じる時間で、セミナーでは様々な質問が飛び交い、参加者の熱量がえげつなかったです。

セミナーでは、周りを気にしてしまうのは何故か?声をかけられないのは何故か?そもそもの根本的な原因は一体なんなのか?

声をかけた後、何を話していいかわからないことが無いように、トークのコツ、これから発する言葉が面白くなる2つの方法、これらを中心に話しましたね。

 

これは難しいことではなく、実は誰でも出来ることなので是非マスターして欲しいですね。

で、実際の実技講習では参加者全員が声かけに成功しました。

 

1人でストリートナンパに挑戦した時は声をかけられなかった人が多かったので、

「こんな声かけたのは初めてです」

「この声かけ方法はバカにできないですね」

「全然気持ちの面で1人の時と違いますね」

などなどの感想をいただきました。

 

中にはすぐに自分で選んで声を掛けられるようになった人や、フロントから声かけができる人など、とにかく成長がえげつなかったです。

さらにはストリートナンパで緊張しすぎてずっと胸を抑えてる人も。

俺「どうしたの?メンタルやばい?」

参加者「ヤバイっすw」

と、ドキドキしすぎて心臓を痛めてましたw

 

最終的にバンゲしてましたがw

バンゲしたことも逆に心臓痛めてて、そこは普通にウケましたw

 

参加者の方が1番痛感したのは1人でやらない重要性だと思います。

やはり1人で始めるのはきついのです。

それはなんでもそう。

1人で出来る人もいますが、結局それって後で死ぬほどつまらないと感じるのですよ。

 

女子を1人でゲットして誰にも共有することなく、自分の中だけで片付けてしまってはつまらないですよね。

どうせなら、

「この間ゲットしたわ!」

「マジか、どんな子だった?」

「鬼エロいw」

「いいなぁ!!!」

と、共有できた方が面白いです普通に。

 

だからそういう場にはどんどん出向いた方がいいですね。

 

何かキッカケがあって、それを拾って自分でキッカケを手に入れる人はどんどん成長すると言わざるを得ません。

今回の参加者は皆キッカケを掴んで、これからも成長すること間違いなしですね。

 

結局、動ける人は変わりますし、自分が動かなかったらそれは現状維持なのです。

動かなければ変わりません。

 

だからキッカケは自分からどんどん拾っていくべき。

そして継続することで人生どんどん変わっていきますから。

 

結局自分が変われる時は場と環境が大事です。

で、その場と環境にはがいます。

キッカケを与えてくれるのは人であって、人と絡んでいくことは自分が変わることの1つの要因なんですよね。

 

と、俺は思っております。

 

なのでこれを見てる皆さんもどんどん絡んでいきましょ。

絶対そっちのが面白いですから。

で、さらに最強に面白い人生にしていきましょう。

 

人生最強に面白い状態に突入させたいって人は俺とどんどん絡んでいきましょねw

 

参加者の感想

 

それでは今日は以上です。

 

では

 

ストリートナンパで人生180度変えるメール講座やってます。

 

元々口下手で非モテな俺が、ストリートナンパを経験し今では、

「何時でも、何処でも、自分で、自分の力で好みの女子をゲットする」

そんなことが出来るようになりました。

それは俺だから出来たのでは無く誰にでも出来ることです。

今、無料メルマガに登録していただくと期間限定で、

ナンパ音声6本以上プレゼント

ナンパ初心者が気づかない!女子からの目線と気持ちPDF

ナンパで結果を出すには人間力の向上が必要な理由PDF

これらの特典をプレゼントしています。

「女子を楽しませたい」

「対女性コンプレックスを解消したい」

「超絶美女をゲットしたい」

「人生面白く変えたい」

そんな方を募集してますw

 
関連しかしない記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA